カテゴリー別アーカイブ: 鶴屋長生

鶴屋長生は、元禄年間創業の歴史を持ち、JR太秦駅のほとりと、嵯峨広沢池近くの洛西に店舗を構える菓輔です。看板商品は「利休心」で、「釜ひとつあれば茶の湯はなるものを」と伝えられる千利休の心を形にしたお菓子です。栗餡入の桃山で、その豊かな風味は絶品とのご評価をいただき、茶釜の形のかわいらしさもあいまって人気のお菓子です。「茶道家元賞」や「全国菓子博栄誉大賞」等を受賞する等、各方面から高い評価をいただいています。その他にも、ほのかな抹茶の香りと、甘さを抑えた餡の味わいが絶妙に調和された季限定のお菓子「うぐいす餅」があり、嵯峨野周辺の四季の移り変わりをお菓子に託しています。