カテゴリー別アーカイブ: 芳治軒

芳冶軒は、忠臣蔵で知られる赤穂藩家老・大石内蔵助のゆかりの地である山科に所在しています。昭和2年、西陣の老舗「塩芳軒」から独立したお菓輔です。看板商品は「大石饅頭」で、大石内蔵助を祀った大石神社にちなんで作られた地域の銘菓です。和三盆糖を使った皮には、大石神社御社紋である二つ巴の紋の型を押し、中には丹波大納言小豆の風味も豊かなこしあんが、ふんだんに詰まっています。また絹こし餡の風味豊かなおしるこ「里みやげ」は、厚いお湯を注ぐと、すぐに食べられる懐中しるこです。いずれも地域の方々には、山科を代表する銘菓と高いご支持をいただいています。