カテゴリー別アーカイブ: 甘春堂

甘春堂は、豊臣秀吉が造営した大仏正面に和菓子づくりの暖簾を守る店です。大仏は、江戸時代の寛政年間の落雷により消失して今は無いりませんが、「京の 京の 大仏つぁんは 天火で焼けてな 三十三間堂が 焼け残った」という、歌い継がれてきた京のわらべ唄に、その名残をとどめています。甘春堂の家歴は、その方広寺大仏造営の頃に、豊臣秀吉が当家の庭前の古藤を観賞したと伝えられる旧家で、古くより「豊国神社」や「旧六条御所」などに、伝統菓子の御用達も務め、初代藤屋清七が慶応元年(1865年)創業から数えて、現在は六代目に至る老舗です。その一方で、進取の気風が旺盛で、代々が独特な趣の創作菓子に力を傾け、各代当主が、今もめずらしい菓子の数々を後代に伝えてきました。そして今、当代に至りこれまで歴代の当主が残した数々の逸品のなかに、今は失われたり、忘れ去られた製法技術のもの、あるいは門外不出の家伝のものを、敢えて今日の技術とうまく融合させ、数点の商品を完成させています。